【自己PR】飲食のアルバイト、履歴書に書くと、印象悪いのですか?

皆様


こんばんは。

部屋が乾燥てしてきて、目薬必須・・・

キャリアアドバイザー

SONORI 中川裕美子です。


さ、次々と質問。

次はよくある質問です。


■ 質問

飲食のアルバイトは、履歴書に書くと印象が悪いと聞きました。

接客サービス職に就きたいのですが、アルバイトで身につけたことを活かしたいのですが、そういった場合でも、飲食のアルバイトは書かない方がいいですか。


■ 回答


質問が間違っています。

この種の内容に

「書いた方がいい」「書かない方がいい」という回答はありません。


どのように表現して、よりわかってもらうか、共感を得るか、は、工夫と努力次第で成果が変わるからです。


伝えたいのであれば、自分で責任と自信をもって、工夫と努力をして表現してみてはいかがでしょうか。


ただし、講義でもお伝えしていますが、リスキー(危険は潜んでいる)です。


飲食のアルバイトは、社会人からの評価が2つに分かれます。特に女子に対しては分かれます。大手金融機関、伝統的製造業、公務員など安定・堅実志向の方が集まる業界や職種からの評価は、ことさら分かれます。面接官次第です。


私は、「無敵」が就職活動には大切と考えて応援しています。
そのため、評価が2つに分かれるとはっきりわかっていることは、その状態での表現することをおすすめはしていません。


アルバイト以外のことで、あなたの特性や能力を伝えることに、力を注いで、より多くの方に確実に愛されるようなことをめざしましょう。

学生さんらしい、自己表現をおすすめします。



無敵に愛され就活生!!ですよ。

グッドラック☆


http://www.career.style/

中川裕美子

無敵に幸せ☆就活 & インターンシップ

専門学校生、短大生、大学生、大学院生向けの、就職活動&キャリアデザイン応援サイトです。 志高い高校生もぜひどうぞ! 自己分析、自己PR、業界・職種・企業研究&志望理由、面接での身だしなみ、就活ヘアメイク、マナー、Emailのコツ、OG&OB訪問時の留意点等、皆さんが知りたいこと、先輩たちの失敗談、企業様の本音、採用される人とは・・・いろいろお届けします。