【履歴書・ES・面接】趣味や特技を聞かれても、ないときはどうしたら良いですか?

就活に励む学生の皆さん


ポジティブな週末をお過ごしでしょうか?

花粉症、風邪・・・・体調管理には十分気をつけたいですよね。

3月も下旬。あと少しで4月ですね。

3月中に終わらせたい自己分析、しっかりおさえておきましょう。


キャリアアドバイザー

SONORI 中川裕美子です。


さて、本日も質問にお答えです!

本日は、ちょっとポジティブとはいいがたい質問です。


■ 質問

「趣味・特技」の記入欄が履歴書やエントリーシートにあったり、面接で「趣味や特技はありますか」と聞かれたりします。

本当にないときは、どうしたら良いですか?


■ 回答

「どうしたら良いですか」のフレーズに合わせて回答しますね。


「趣味・特技をもって、堂々と語れる自分をつくると良いです」

が、回答です。


でも、それだときっと困るから、質問になっているのですよね。

これで終わると、なんだかせっかくの質問に失礼なので、もう少し補足します。


==========================


■ 補足説明


◎ 何のために「趣味や特技」が尋ねられるのか、考えてみましょう。

面接官は、あなたの志向性・興味・関心を知りたいのです。

誰かに強制されることなく、自分から取り組む、取り組みたいものは何なのか、それを知りたいのです。

なぜでしょう・・・。


それを知って、仕事への適性を知りたい、または、配属部署を検討したいからです。

あなたの人間性、あなたの良さや強みを、趣味や特技から知りたいのです。

ぜひ、教えてあげましょう!!


===============


◎ 業界や仕事内容に、直結していなくて大丈夫

例えばのお話。

食品メーカーを受けるからといって「食品」に関わる趣味特技がないとダメか、というと、そういうわけではありません。

人事採用担当の方は、もっと広い視野であなたのことを、評価してくれています。


たとえば、食品メーカーを受けるあなたの趣味が
「日曜日のランニング」でもいいのです。


その理由が例えば、「ランニング」をして、すがすがしい思いを自分で作れるストレス耐性があるのであれば、評価はGOODです。

「多少大変な仕事があっても、人付き合いがあっても、自分を取り戻せる人だな!」と、人事採用担当者が思ってくださりましたら、評価は高くなります。


「自分を取り戻せる力があるので、普段は人に特別気を使う、営業の仕事でもきっと大丈夫!営業職に内定!」と思ってもらえるかもしれません。


以上は一例ですが、そうしたように、人事採用ご担当者様は、趣味や特技などで、人間性への良い部分を探し出そうとしてくれているのです。



◎だから「ありません」なんて言わないで!持っているものをチェック☆


「ありません」と言う(思う)前に、持ち物チェックをおすすめします!!


「趣味や特技は、ありません」なんて、仕事をもらいにいく側の受験者であるあなたが「ぴしゃり」と言い切ることは、ぜったいに望ましくないですね。


趣味や特技、人と比べなくていいです。


自分が、親や先生から強制されなくても、お金・時間・労力を使っていることは何ですか?

それをみつめれば、何かしら見つかるはずです。


はてはて・・・と、わからない人は、自宅のデスク、引き出し、カバンの中を見つめてみて!

人がもっていない物で、なんとなく多いものはありませんか?

それに、ヒントが隠れていますよ。


======================


人生は宝物探し。


自分をみつめるのを、宝物探し。

趣味特技を見つけるのも、宝物探し。

楽しんで。自分を!


ポジティブ(積極的)にね☆


前向きな週末を☆


キャリアアドバイザーSONORI中川裕美子

http://www.career.style


無敵に幸せ☆就活 & インターンシップ

専門学校生、短大生、大学生、大学院生向けの、就職活動&キャリアデザイン応援サイトです。 志高い高校生もぜひどうぞ! 自己分析、自己PR、業界・職種・企業研究&志望理由、面接での身だしなみ、就活ヘアメイク、マナー、Emailのコツ、OG&OB訪問時の留意点等、皆さんが知りたいこと、先輩たちの失敗談、企業様の本音、採用される人とは・・・いろいろお届けします。