【志望理由】どうしても書けません、どうしたら良いですか?

就活生の皆さん


4月ですね。

あちらこちら、お花見モードですが、誘惑に負けずに、就活していますか?

キャリアアドバイザーのSONORI中川裕美子です。


私は、連日、新人さんの教育を担当する4月前半です。新人さんを前にするたびに、「来年はこの中に、誰がいてくれるかな?」と就活生の皆さんを思います。


さて、そうした中、本日も「ありません」「できません」シリーズに回答です。


■ 質問

志望理由がどうしても、書けません。言えません。どうしたら良いでしょうか?


*行き詰まったら、自然に触れるのもひとつの手段です。エネルギーをいただけます。

真心をみつめるに、良い環境も与えてくれます。3月の出張先にて。東の海。



■ 回答

回答はいくつかありますが、まずは、あなたが、あなたの「本心」を知ることが先です。

そのうえで、該当する回答を読んでくださいね。


================

あなたの本心にお尋ね

 「本当に、真心で、受験したい、就職したいと、その企業様に熱い思いがありますか」

===============


① 回答 その1

受験するのを止める

→ 書けないというのは、そもそも「思いがない」場合が多いです。行きたくもない、受験したくもない企業を、親や学校の先生にいわれて、または、見栄か世間体のことを考えてか何かで受験したところで、あなたの幸せは、そこにありません。

ただちに、受験を辞退することをおすすめします。


===============


② 回答 その2

日本語を勉強し直す

→ 「本当に受験したい」「就職したい」という真心があるのであれば、あとは、技能の問題です。

まず、ひとつに「日本語を並べて思いを表現することができない」という問題があるのではないでしょうか。

これは簡単です。日本語表現を勉強し直してください。

まるで、新たに外国語を勉強するかの思いで必死に、しかも、スピーディーに。


表現方法を勉強して、スキルアップし、何度も何度も書き直して、自分の思いを言葉に乗せる経験を重ねながら、納得がいくまで、書き続けましょう。

粘り強さが必要です。

途中でくじけない、「昭和な根性」が必要です。


============

③ 回答 その3

論理性を高める


→ 熱意も真心もあります。日本語表現は得意です。

このような方の場合は、論理性が課題のケースが多々です。

ポエムのように表現しても、採用担当者の皆様は、困惑されます。


ということで、論理的な話し方、表現のしかたを学習し、実践しましょう。


「ロジカルシンキング」で検索すれば、山ほど文献は出てきます。

勉強してくださりませね。


===================


さ、「ありません」「できません」「わかりません」から逸脱しましょうね。

どうしても行き詰まる日曜日ならば・・・


写真のように、海もおすすめ。

自然に出向いて、エネルギーを得ながら、表現の練習をしてくるのもいいですよ。


では!

すてきな日曜日を。



キャリアアドバイザー

SONORI 中川裕美子


http://www.career.style







無敵に幸せ☆就活 & インターンシップ

専門学校生、短大生、大学生、大学院生向けの、就職活動&キャリアデザイン応援サイトです。 志高い高校生もぜひどうぞ! 自己分析、自己PR、業界・職種・企業研究&志望理由、面接での身だしなみ、就活ヘアメイク、マナー、Emailのコツ、OG&OB訪問時の留意点等、皆さんが知りたいこと、先輩たちの失敗談、企業様の本音、採用される人とは・・・いろいろお届けします。