【資格】資格はなくても、大丈夫ですか?

就活を頑張る生徒&学生の皆さん


こんにちは。

7月になりましたね。

サボっていられなくなる月です。

いかがお過ごしでしょうか?



昨夜、帰宅しましたら、玄関に大きな大きなガマガエルが
待っていてくれました。
私?・・・ではなくて、灯りに近づく虫を。



キャリアアドバイザーのSONORI 中川裕美子です。


さて、本日も質問にお答えします。

ビシバシモードです。


■ 質問

資格は仕事に関係ないと聞きました。でも、履歴書には資格を記入する欄があります。資格はもっていなくても、ふつうの仕事だったら大丈夫ですか?

■ 回答

まず「ふつうの仕事」の定義が「何」なのかにもよりますが、一般論として、「有資格者でなくてもすることが法律で許されている仕事」として回答しますね。


この悩みの質問に対する回答は、2つあります。


その1:大丈夫です。自信をもって、お人柄をアピールして採用してもらいましょう。

その2:悩んだり心配する時間があるのであれば、さっそく何か勉強して、資格を取得し、自信につなげましょう。



以下、辛口です。覚悟のある人だけ、読んでくださいね。


■ 解説

その1:人柄アピール

→ 資格がないと許されないお仕事(医者や看護師、弁護士、美容師等)ではない限り、「資格がないから不合格」というのはあり得ません。

ただし、「関連資格をもって、勉強をして、努力をして、志向性が明確な人」がいれば、その人たちから採用されていくことでしょう。


だから、資格をもたないあなたが、「人柄アピール」でその人たちの人柄をこえて「すばらしい人」と思われるためにはどうしたら良いでしょうか。

あなたには、何がありますか?その点を見極めてアピールしてみてくださいね。


注意)そもそも、資格を取得しようと勉強する人は、前向きでチャレンジ精神がある人で、さらに成果を出せる人、つまり、すばらしいお人柄をもっている可能性が高いです。その点をよく理解しておいてください。


その2:資格を取得し、自信につなげる


人は「私は頑張った」、というのがあると、自信をもつことができます。

そういう意味で、資格取得を生徒さんや学生さんのうちに、チャレンジすることは、私はおすすめです。


「何かしら頑張る」という機会になるわけですから、合否に関わらず、自信につながる良い機会になるでしょう。


キャリアカウンセラーをしていると「先生、私自信がないんです」というお話は、頻繁にいただきます。


それは、「チャレンジする」ということが、人生で習慣化されていないからです。


「できることだけして、等身大の(実はそうみえて衰退していく)私をほめてもらうことで、安心と安定を得続けたい」という思いだけで生き延びようとしてしていくからです。


それは無理な生き方といえます。苦しさが増すだけですね。


実は自分で「自信をなくす生き方」を選択し続けてしまっています。



あらあら・・・

そういわれるだけで、泣いて逃げたくなる人も多いと思います。



泣いても良いので、どこかの壁まで逃げ切ったら、開き直って、振り向いてください。

(待っていますよ)

もうその先はないですから、方向性を変えましょう。


壁に背を向け、チャレンジ、という道へ。


資格にチャレンジ。


大丈夫、落ちても、また次に受ければいいし、

ほかの資格に挑戦する、という道もあります。

挑戦する人には、道がたくさんあるのです。


「何をとったらいいの?」という学生さん、生徒さん、


・英検

・TOEIC

・そのほか外国語の検定

・簿記検定

・秘書検定

・漢字検定

・ビジネス文書検定


等がおすすめです。


どの組織や会社でも活用できます。


さ、何を選ぼうか。。。。と考える、わくわくの週末を。



キャリアアドバイザー

SONORI 中川裕美子




無敵に幸せ☆就活 & インターンシップ

専門学校生、短大生、大学生、大学院生向けの、就職活動&キャリアデザイン応援サイトです。 志高い高校生もぜひどうぞ! 自己分析、自己PR、業界・職種・企業研究&志望理由、面接での身だしなみ、就活ヘアメイク、マナー、Emailのコツ、OG&OB訪問時の留意点等、皆さんが知りたいこと、先輩たちの失敗談、企業様の本音、採用される人とは・・・いろいろお届けします。